ニューヨーク

折角アメリカに行くのであれば、できるだけ多くの都市を回りたいと思う方もいるかと思います。
その中で、ニューヨークは、ワシントンDCから行きやすい都市となり、陸路での移動も可能です。
列車だとアムトラック、バスだとグレイハウンドが代表的な乗り物になります。

旅のヒント

ANAを使いワシントンDCから入り、ニューヨークから帰国する便を予約するととで、2都市を効率良く回ることもできます。
ニューヨークの場合、片道3時間以上かかるので、できればこのような周遊のタイプの航空券にしたほうが無駄がなくなります。
(ボルチモアやフィラデルフィアは日帰りでもいいかもしれませんが)

アムトラック

アムトラックのユニオンステーションは、地下鉄のレッドラインで行くことができるワシントンDCの中心地にある駅です。
ここからニューヨーク行の列車に乗ります。
アムトラックは、通常の列車と、特急のような乗り物になるアセラと2種類あります。ワシントンDCからニューヨークの場合、通常の車両だと3時間30分ぐらい、アセラで3時間ぐらいになりますが、料金が大幅に違い通常の列車の料金が55ドルぐらいだとして、アセラは140ドルぐらいします。
このぐらい料金差がつくと、あまりアセラを利用するメリットはなくなってきます。

基本情報

ワシントンDCからニューヨーク所要時間 3時間から3時間45分
料金 55ドル前後から(購入時期により価格が変動するタイプです)

アムトラックの利用方法

アムトラックでの移動をする場合、早いタイミングで切符を事前に購入しておくほうがいいです。日本と違い列車の料金はフラットレートではなく、航空券のように変動式です。そのため、直前で買うような場合、55ドルの区間が200ドル近くになることもあります。ですので、当日買おうというのはやめておきましょう。

アムトラックの使い方

ユニオンステーションにて

ワシントンDCはユニオンステーションがアムトラックの出発点になります。
アムトラックの普通車は自由席ですので、早めに行くことが望ましいです。
ユニオンステーション自体は、お店もありますので、早く行ってもスターバックスなどコーヒーを飲むことができます。

ユニオンステーションについて

乗車の時間

アムトラックは、ゲートがぎりぎりまで決まりません。
30分ぐらい前に掲示板で自分の乗る列車のゲートを確認します。
切符に電車の番号が書いてあるので、その列車の番号とゲートを合わせて確認します。

自由席ですので、列車のゲートが決まると並び始める人が出てきます。
その列に並び待つようにしてください。

ワシントンDCの場合、メインレベル(2階)で待ち、列車が到着するとロウアーレベル(1階)に行くようなイメージです。
列車に乗れる準備が整うと、列がずらずらと動き始めます。
日本のようにすぐ発車というわけではなく、列についていれば乗れないことはないと思います。ただ、あまりのんびりして乗り過ごさないようにしてください。

列車に乗った後

適当に好きな場所に座ります。スーツケースがある人は、早めに並び列車の中でスーツケースが置ける場所を確保するのが望ましいです。
入口のところに置けるスペースがあるのと、それほどスーツケースが重くなければ、座席の上も置けます。

自由席ですので、適当に空いている座席に座ります。
アムトラックの車両の中で数車両(1とか2)はビジネスクラスというのがありますので、そこは乗らないように注意します。
切符は、座席に座って、そのうち、車掌が回ってきます。
プリントした用紙かスマホでQRコードを表示させればスキャンしてくれます。
チェック済みという意味と行先の確認のため、紙みたいなのが座席の上に差し込まれます。

後は、到着まで列車の旅を楽しむ形です。

ニューヨークに到着(ペンシルバニアステーション)

ニューヨークの到着は、ペンシルバニアステーションというマディソンスクエアガーデンの下に到着します。この付近にホテルを取っていれば徒歩で行くこともできます。

グレイハウンド

ワシントンDCとニューヨーク間をバスで移動することも可能です。
この区間は、市内の渋滞が多いため、時間が読めません。そのため、バスを使う上で時間的なメリットはありませんが、値段が安いので、安く行く場合というのは選択肢になります。

注意

バスを使う場合、そもそも出発が1時間ぐらい遅れる、途中でバスが故障する、渋滞で進まないなど、いろいろなことが想定されます。
まるまる1日時間があればいいかもしれませんが、数時間単位で予定が入っている場合は選択から外してください。
ワシントンDCをお昼ぐらいに出発して、ニューヨークを夜のイベントは間に合わないこともあり得ます。この場合は、列車のほうが無難です。

基本情報

ワシントンDCからニューヨーク所要時間 5時間30分から6時間以上(渋滞状況に左右されます)
料金 15ドル前後から(日程により異なります)

ユニオンステーションにて

ワシントンDCはユニオンステーションがグレイハウンドの出発点になります。
ユニオンステーションは、地下鉄、アムトラック、グレイハウンドと出発点になります。
イメージとしては、東京駅のような感じで考えておくといいかもしれません。
バスはバスで、列車の駅と違うところに乗り場があるイメージです。
ユニオンステーション自体は、まずまず大きいですので、少し時間にゆとりをもって行動してください。

ユニオンステーションについて

乗車の時間

グレイハウンドの乗り場は当日確認することになります。
あまり早くいってもゲート番号が決まってないかもしれませんが、念のため、出発の1時間から45分前にはユニオンステーションには到着したいところです。

荷物について

アムトラックと違うのは、グレイハウンドは、スーツケースなどの荷物を乗り前に預ける点です。
そのため、車内でスーツケースを気にする必要はないものの、特にタグなどがあるわけではなく、ちゃんと到着時渡されるかという不安はあるかもしれません。

バスに乗った後

適当に好きな場所に座ります。最近は、乗車の番号があるので、それが座席を勘違いする人がいるみたいですが、グレイハウンドは自由席ですので、適当に座ります。基本的にはトイレは後ろの方です。

ニューヨークに到着(ポートオーソリティ)

ニューヨークの到着は、ポートオーソリティのバスターミナルになります。
ここはほぼマンハッタンの中心地ですので、マンハッタンの中にホテルを取っているのであれば、便利な場所です。
ジャージーシティなどに行くのにPathを使うのであれば、アムトラックのほうが便利です。どこに宿泊するかというのも移動の選択方法としては重要です。

飛行機

ワシントンDCとニューヨーク間を飛行機で移動することもできます。
航空券を日本ワシントンDC、ワシントンDCニューヨーク、ニューヨーク日本という周遊券で買うとこの方法を使うことになります。
その前の段階で、選択肢があるのであれば、飛行機の利用はよく考えて旅を組み立ててください。

飛行機に乗る場合、今は、空港には2時間前には到着したいところです。
アメリカの場合、特にセキュリティチェックが混雑する可能性があります。
2時間前について、荷物を預け、セキュリティチェックを通過するのに1時間ぐらいはかかる可能性があります。
そうすると搭乗ゲートに到着するのが1時間前ですので、搭乗時間を考えればこのぐらいでも少し心配です。
飛行機は、移動時間は、最短ですが、乗る前の準備の時間がかかります。

もう1点、ワシントンはダレス国際空港とロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港と2つあります。ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港は地下鉄で行け、近い空港ですが、ダレス国際空港はかなり遠くなり、タクシーなど使えば、60ドルから80ドルぐらいかかります。

ニューヨーク到着後も空港からマンハッタンは遠く、基本的にはどの空港に到着しても空港からマンハッタンはタクシーで50ドルから100ドルぐらい考えないといけません。

このワシントンDC、ニューヨーク間というのは飛行機での移動というのは、それほど大きなメリットがないかもしれませんので、旅行を組み立てる際は十分お気を付けください。

空港コード DCA ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港
空港コード IAD ダレス国際空港

注意
移動する時間というのは、ホテルを出て、次の都市のホテルに着くまでの時間のことだと考えてください。
飛行機に1時間30分乗っているから早くニューヨークに着くということではありません。

ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港へのアクセス
ダレス国際空港へのアクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。