D.C. ユナイテッド

メジャーリーグサッカーのDCユナイテッド。
2019年までは、世界的なスター選手であるウェイン・ルーニー選手も所属し、2018年には専用スタジアムであるアウディフィールドがオープンしました。

チームとしては、1996年のリーグ初年度からMLSに所属し、近年のタイトルは、2013年のUSオープンカップとなります。

ここ数年、ヨーロッパの有名選手の移籍が目立つMLS。
ヨーロッパのサッカースタジアムに負けないようなサッカー専用スタジアムが続々とオープンしておりますので、スタジアムを見るのも楽しいかもしれません。

アウディフィールドの基本情報

所在地  100 Potomac Ave SW, Washington, DC 20024
収容人数:20,000人
ホームチーム:DCユナイテッド(MLS)

アメリカの会場は、基本的には、持ち込みに関して非常にうるさいです。
入場時には必ず持ち物の検査をし、空港で飛行機に乗るような前のようなセキュリティーゲートを通過するイメージです。
詳細:https://washingtontravel.net/?p=1291

アウディフィールドへのアクセス方法

Navy Yard-Ballpark駅が、スタジアム(ナショナルズパーク、アウディフィールド)への最寄り駅になります。
このNavy Yard-Ballpark駅は地下鉄の場合、グリーンラインのみ止まる駅になります。

グリーンラインの駅で、ワシントンDCの中心地と言えるのは、ランファン・プラザ駅(ナショナルモールの国立航空宇宙博物館側)、アーカイブス/ネイビーメモリアル/ペンクオーター駅(ナショナルモールのナショナルギャラリー側)、ギャラリープレイス・チャイナタウン駅(キャピタルワンアリーナ)などになります。
そのため、このネイビーヤード周辺に泊まっても観光は行きやすいエリアです。

最寄り駅 Navy Yard-Ballpark駅
主な路線 グリーンライン

アウディフィールドの中について

ベンチ側の階層

ベンチ向かいの階層

アウディフィールドは、基本的には、1層ですが、ベンチ側は、クラブ席が設置されている関係で、階層があるような作りになります。
ゴール裏の座席やベンチ向かいの座席は基本的には一層構造です。

クラブ席について

アウディフィールドのクラブ席はベンチ側に設置されています。
F1からF17とC1からC9でアクセスできるクラブラウンジが異なります。

ハイネケンクラブ

F1からF17の座席はハイネケンクラブへのアクセスがあります。
DCユナイテッドのホームゲームの場合は、この座席は飲食込みの座席になります。ラウンジで飲食を楽しむことができます。
ナショナルチームの試合の場合は、飲食が込みにはなりません。

イーグルバンククラブ

C1からC9の座席はイーグルバンククラブへのアクセスが付いております。
DCユナイテッドのホームゲームの場合は、この座席は飲食込みの座席になります。ラウンジで飲食を楽しむことができます。

ゴール裏の座席

アウディフィールドのゴール裏の座席の最後尾は、かなり上まで階段を上ります。フィールドまでの見やすさということより、この階段の上り下りがかなり大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。