ワシントン・レッドスキンズ

過去スーパーボウル3度制覇の名門ワシントン・レッドスキンズ。
しかし1991年の優勝を最後にスーパーボウルの舞台から遠ざかっています。
近年は、RG3がルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた2012年、2015年にも地区優勝をしておりますが、プレーオフでは目立つことなく敗退という状況になっており、地元のファンはやきもきしたシーズンを過ごしています。

しかし2020シーズンは、パンサーズを第50回のスーパーボウルに導いたロン・リベラをヘッドコーチに迎え期待が高まります。
同地区のイーグルス、カウボーイズ、ジャイアンツとの激しい争いに勝ち、久々のスーパーボウル進出を狙います。

チームについて

永久欠番

33 サミー・ボウ

スーパーボウル・チャンピオン (3回)

1982(第17回スーパーボウル レッドスキンズ対ドルフィンズ)
1987(第22回スーパーボウル レッドスキンズ対ブロンコス)
1991(第26回スーパーボウル レッドスキンズ対ビルズ)

フェデックスフィールドの基本情報

ワシントン・レッドスキンズの本拠地は、フェデックスフィールドとなります。
以下が基本情報です。

フェデックスフィールドの基本情報
所在地  1600 Fedex Way, Landover, MD 20785
収容人数 82000人
ホームチーム:ワシントン・レッドスキンズ(NFL)
座席表 フェデックスフィールド NFL
ベンチ 101、142側がレッドスキンズベンチ、121,122側がビジターベンチ

フェデックスフィールドへのアクセス方法

フェデックスフィールドは、「一応」、地下鉄ブルーラインを使い、モーガンブルバード駅で下車、徒歩20分から30分ほどでアクセスができます。
一応というのは、基本的には車でアクセスするスタジアムになり、地下鉄の駅もスタジアム用の駅ではないので、試合のない日にこの駅に行っても、スタジアムの看板などがありません。試合の日は、ファンがいるので迷うことはありませんが、駅から2キロぐらい歩きます。

*だからと言ってUBERなどでのアクセスは帰りの車を拾うのが非常に大変なため、あまりお勧めというわけではありません。
レッドスキンズを観戦するのであれば、ある程度、アクセスの不便さは覚悟しないといけません。このスタジアム以外がアクセスがいいので、より悪く感じます。ワシントンDC周辺でNFL観戦の場合は、ボルチモアも候補にしてみてください。

最寄り駅 モーガンブルバード駅
主な路線 ブルーライン

フェデックスフィールドへのアクセス 詳細

フェデックスフィールドの座席について

100レベル、200レベルの座席について

フェデックスフィールドの100レベルは約30列、200レベルは約15列となります。100レベルが前のエリア、200レベルは1階席の後方エリアになります。
200レベルに関しては、屋根の下の座席となり、屋根の張り出しと、柱でプレーが全く見えない座席もありますので、1階席だから200レベルという選択はやめておきましょう。
100レベルの座席の前に3列ほどドリームシートという座席があり、100レベルはRow1から始まります。
そのため、100レベルのRow1は最前列ではないので注意してください。

300レベルの座席

フェデックスフィールドの300レベルは、クラブレベルになります。
そのため、このエリアのチケットホルダーは、ラウンジへのアクセスがあります。300レベルの座席の魅力は、全体を見渡せる点です。
400レベルの場合、アッパー席ですので、同じように全体は見渡せるものの、どうしても、ファンが多いという点やアッパー席は天候の影響を受ける可能性があります。そういう意味では300レベルは、悪天候の場合はラウンジなどで休めるのが魅力です。

400レベルの座席

事前の写真で確認する見え方というのと、現地に行って感じることは異なりますが、アッパー席の場合、写真で見るとそれなりに見えそう感じますが、現地に行くと、上に行くまでの大変さやアッパー席ならではのデメリットを知ることになります。
アッパー席の場合、とにかく天候の影響を受けるということを頭に入れる必要があります。NFLのシーズンは基本的には、冬です。
冬の野外ですので、当然、どこで見ても寒い中。アッパー席の場合は、風の影響も含めて一番寒さを感じる可能性がある座席です。
全体的なことをイメージしてチケットを買うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。